IT業界はトレンドの業界であり、そこで活躍していくということ自体をモチベーションとして業界に参入することを目指す人も多い。その際に多くの人が思い描くのはシステムエンジニアやプログラマの姿であり、新しい情報技術や情報システムを生み出す現場において活躍することで世の中に名を知らしめることができる大舞台での活躍を想像してしまいがちである。

そういった晴れ舞台での仕事がある一方で、世の中の情報システムを支えている業界もあり、その重要性の高さで言えばシステムエンジニアの仕事に勝るのがインフラエンジニアの仕事である。社会や企業の基本となっている情報システムを導入したり、管理したりすることが主な業務であり、地味ながらも安定した業務が現場で行われていくためには不可欠な存在である。次々に新しいシステムが開発されて利用される世の中となっていることから、インフラエンジニアの求人もそれに比例して増えてきており、基本的な技術力と知識を身につけた人材であれば職場を見つけるのは容易になっている。その仕事は華々しいものではないものの、いかにしてシステムが安定している状態を保つかということを日々考え、理想的によりよいシステムとするために改良を加えていくという仕事は地道ながらもやりがいがある。安定しているのが当然に思われているシステムを見えないところから支えていくことにやりがいを持てる人材が必要とされる業種とも言える。