インフラエンジニアとしてシステムの維持や管理を担う人材はあらゆる企業で必要とされている。そのため、全体としてみるとインフラエンジニアの人口はIT系のエンジニアの中では多い部類に入る。この数に影響を及ぼしている要因はシステムの維持のために不可欠な存在であるという理由だけでなく、実際の業務内容にも起因している。システムエンジニアのように開発競争の最先端で働いている場合には体力的にも精神的にも負担が大きい毎日を過ごさなければならないため、若手の人材が働くことが望まれている。次々に若手が採用され、歳をとってきた人が現場を離れていくことから人の入れ替わりが激しくなり、全体として人口があまり増えないことになる。

一方で、インフラエンジニアの維持や管理を担う仕事にはそういった競争がなく、目の前にあるシステムを維持していくことに注力すれば良いため晩年まで現場で働いていけるという特徴がある。若手でも担うことが可能であることから担える年齢層も広く、インフラとなるシステムが世の中で利用されていくにしたがって維持や管理の担い手もそれだけ多く必要になる。そのため、情報システムの利用が広まるにつれて、それに見合うだけの人材を求人募集しなければならなくなる。情報化社会となって情報システムを導入して作業の効率化を図ることが潮流となっていることから、結果としてインフラを担う人材が増えていかざるを得ない状況となっているのである。