インフラエンジニアとしてシステムの導入を行う現場で、積極的に働いていくのは女性には過酷な面がある。ネットワークやサーバーを構築する際には大型の情報機器を準備しなければならないことも多く、それを現場で適切に配置していくことが必要とされるからである。こういった設置作業は導入先の企業が営業していない時間に行われるため、夜間や休日の作業になることも珍しくはない。そのため、家事や育児との両立という観点からは難しいのが実情となっている。

しかし、女性にも働ける機会を開くという観点から仕事の分担が行われるようになっている企業もあり、現場での作業の進行状況を確認して適切に人員配備をする役割やクライアントとの相談を主とする管理やサポートの役割を担う人材として女性を求人募集する動きもある。一方、導入の現場ではなく、カスタマーサービスのように必要に応じてネットワークシステム等の保守を担う仕事や、ネットワークを介してシステムの維持や監視を行う業務においては、女性のインフラエンジニアが散見されるようになってきている。こういった仕事では定められた勤務時間外の拘束を受けにくく、維持や監視の場合には在宅で担える仕事もあることから女性にとって担いやすい。インフラエンジニアとしての経験を現場で積むことさえできていればこういった仕事で女性が活躍できる可能性が高まってきているものの、実際には担い手が少ない状況が続いている。