インフラエンジニアはインフラを構築しているシステムを安定した状態に維持することを主な業務とすることから、そのシステムを作り上げている機器やソフトについて熟知していることが要求される。業務を遂行している上で避けなければならない事態はシステムが一時的にでも破綻するような障害の発生であり、システムの監視を行うことによってその予防策を立てられることが重要なポイントになる。そして、万が一、重大な障害が発生してしまった場合には一刻も早い復旧が求められることから、知識だけでなく障害に関する経験を有していることも高く評価されることになる。

そういった観点から、歳をとっていても経験と知識が豊富な人材が必要とされるのがインフラエンジニアであり、求人においてもそういった面が重視されている傾向がある。最新の機器も取り扱えるスキルが常に必要とされることから、インフラエンジニアとしてシステムの導入に携わっている人材を始めとして、インフラに深くかかわり続けている人材が求人においては有利になる様子が窺える。

一方、インフラとなるシステムの維持を担うという面から、様々なトラブルに際して問い合わせを受けることも多く、人の話を正確に理解して的確な回答をすることができるスキルもまた重要な要素となっている。重大な障害が発生しない限りは職場に緊迫感が走ることはないものの、いざというときに適切な対応がとれる冷静な人材が求められている。